FC2ブログ
          独りぼっちのの昼寝
   気になる方を応援したい

次世代移動通信「5G」って何?

    2020年の暮らしはどう変わる

 携帯電話が登場したのは1980年代。当時は、出先や移動に電話が出来るだけで驚いていた。その後データ通信が加わり、携帯電話でメールやインターネットの利用が出来るようになるなど利便性が向上し、今ではスマホで動画も当たり前の時代になった。こうした進化の裏で支えているのが、現在のドコモやソフトバンク、KDDIなどの携帯キャリアが持つ無線データー通信網の技術革新である。特に通信システム(インフラ)と携帯端末の両方を、根幹からそっくり入れ替え、大幅な通信速度向上を実現する節目とその仕組みを"世代"(Generation)と呼び、現在日本では主流なのは第4世代、いわゆる「4G」(4Genaration)です。

そして今、2020年の実用化を目前に話題になっているが、次世代の「5G」である。5Gでは、当然、通信速度の向上が図られるが、他にも前記事にもしてきたIoTじだいに即した「同時多接続」や「低遅延」といった要素が盛り込まれる、人々の暮らしを一変させる可能性を持つ。今回は、5Gが浮上した背景や技術動向、5Gがもたらす未来の生活を想像し記事にしようと思います


    携帯通信の歴史のおさらい。
     通信速度は数万倍に高速化!


 日本の携帯電話(移動電話)の歴史は、1979年に日本電信電話公社(現NTT)が開始した「自動車電話サービス」で幕を開けた。アナログ方式の第1世代通信システム(1G)で、電話は都市圏に限られるなど制限が多かった、社用車やハイヤーなどを中心に自動車用の移動電話サービスとして利用された。1Gでバッテリーやアンテナも含めて携帯できる電話が登場したのは1985年で、その名は「ショルダーホン」(お笑い女芸人がバブリー時代を芸にする小道具で肩にかけて電話で話してるやつですね)。本物は重量約3㎏の肩掛け式だ。そして1993年にデジタル方式の2Gが運用を開始する。デジタル化によりメールが可能になり、ポケットベルやPHSが登場したのがこの時です。

 そして2001年には、それまでとはけた違いな数Mbpsの高速データー通信が可能な3Gの運用がスタート。国際電気通信連合(IUT)が定める「IMT-2000」(Intemayion Mobile Telecommunication2000)規格に準拠した通信システムで、日本ではNTTドコモとJ-フォン(現在ソフトバンク)が「W-CDMA」規格、KDDI(au)が「CDMA2000」規格でサービス展開した。携帯電話でインターネット利用を行うことが一般的になってきたのもこの頃です。

 現在4Gと呼んでいるサービスのうち、「LTE」と「WiMAX」は上記の「IMT-2000」を高度化したもので、「3.9G」と呼ばれ区別されてきた。4Gに限りなく近い3Gというわけだ(後から、LTEも4Gと呼称して良いことになった)。正真正銘の4Gは、「MT-Advanced」規格に準拠する「LTE-Advanced」と「WireleMAN-Advanced」(WiMAX2)が該当する。複数の電波による通信を同時利用することでより高速なデーター通信を現実にする技術「キャリアアグリゲーション(CA)」が肝で、2015年前後から各キャリアがサービスを順次開始し、利用できるエリアや端末が広がっている。例えばNTTドコモは、2017年3月より「PREMIUM 4G」で、下り682Mbpsをうたうサービスを開始した。



 次回は、なぜ5Gが必要なのか? と 
     5Gでは通信速度が10Gbpsに
        について記事にします
スポンサーサイト



テーマ:携帯電話 - ジャンル:携帯電話・PHS

[2018/05/14 14:34] | 次世代移動通信「5G」 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ハッピー散歩 | ホーム | スマートロックとは? と アマゾンダッシュボタンについて>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

EIGHT

Author:EIGHT
変わり行く時代の流れになんとかついていこうと奮闘しながら
たまにペットのハッピーと陽気に暮らす
独りぼっちの一休み

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ