FC2ブログ
          独りぼっちのの昼寝
   気になる方を応援したい

シェアビジネス 民泊

ライバルが増えて来た今、特長づくりが大切
 外国人観光客を狙っての民泊は、まだまだ有望な副業だが、初期投資が必要な分、リスクもある。まずは貸し出す不動産だが、親が高齢なら同居して実家を貸してもいいし、自宅に空き部屋があるなら1~2部屋だけ貸し、ゲストとの交流を楽しむのもいい。一軒家やマンションの所有者ならコンパクトな場所に引っ越し、家全体を貸し出すのもアリだ。広すぎる自宅でも、売却せず資産として活用できる。ただしゲストが騒いで近所から苦情が出たりする場合も、トラブルの予想とそれらの回避する知恵が必要だ。
そのため、運営にはAirbubなどの仲介業者を通すのがおすすめです。Airbubの場合、不慮の事故等から家財を守る「ホスト保障」が一億円分あり、ゲストのケガや破損で第三者から賠償を求められた時に使える「ホスト保障保険」にも加入してくれる。何より集客を任せることができ、法律関係の難題もクリアできる。ただし仲介手数料がかかる。外国人ゲストが宿泊する際には為替リスクもあるので、それらを含めた価額設定が儲けのカギとなる


儲かる民泊はどんな宿?
 民泊の需要があるのは、通常のホテル等でカバーしきれない部分。例えば周囲に宿泊施設が少ないという立地や宿泊費の安さ、4人以上の団体客でも一部屋に泊まれるという収容性や現地の人のふれあい、旅にオリジナリティを持たせる体験とも組み合わせなどである。

儲かる民泊の7つの秘訣
・競合に勝つため、宿泊費は相場より安めに設定する。
・24時間予約可能にし、メール返信は出来る限り早く。
・最低限の英語は学ぶ(できれば中国語も)。
・家具や家電は中古で購入し、初期費用を抑える。
・時間や稼働状況に応じて柔軟に価額変更する。
・清掃代行業者などを上手く使い、手間を削減する。
・長期滞在需要を取り込み、連泊で清掃頻度を減らす。

初期投資は必要だが、うまく回転し始めると利益は大きい(2万円~60万円。物件による。民泊サイトより)。東京五輪終了後も継続する為に、まずは特長を考えてみよう。

Airbubの登録はホームページを開き、手順に沿って進めて下さい。写真登録は8枚以上、多いほど良い。サイトに部屋をを公開すると、ゲストから問い合わせが来る。

 次回は、同じシェアビジネスとして
カーシェアリング、相乗りカー、駐車場
について記事にしようと思います。
スポンサーサイト



テーマ:働き方 - ジャンル:就職・お仕事

[2018/05/21 22:09] | 副業 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<シェアビジネス | ホーム | インターネットは稼げるツール>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

EIGHT

Author:EIGHT
変わり行く時代の流れになんとかついていこうと奮闘しながら
たまにペットのハッピーと陽気に暮らす
独りぼっちの一休み

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ